​個人製作・中古車の落とし穴

実際の体験談を踏まえ特にオークション等で【個人販売】をしている方から購入する危険性をお話しておきます。

少し長くなりますが、この情報を知らないと後でとんでもないトラブルに巻き込まれる可能性がございますので是非ともお付き合いくだい。

​『結論からお話します』

1 【車検取得済み=安心ではない】

2 【上乗せ見積書】

3     【入金したが、納車されない】

では、一つ一つ見ていきましょう。

1【車検取得済み=安心ではない】

そもそも車検とは今現在車として機能出来るかをチェックする為の物あって将来を保証するものではありません。

大げさに話すと明日壊れる可能性があってもその日走行できればOK程度の点検です。

 

『ブレーキパッド、タイヤ溝の減り、シリンダー劣化、ベルト交換、オイル漏れ、バッテリー、エンジンのオーバーホール、プラグ交換、』

 

買ってみたはいいが、整備に出したら何十万、百万単位でかかる可能性もございます。

2【上乗せ見積書】

トータル見積書だけを算出し請求される方が沢山いらっしゃいますが、

何処にどれくらいの費用がかかったのか?本当にその金額が妥当なのか?

買い手側は判断する材料が無い為、適正な判断が出来ないのです!

 

キッチンカーの内部施工は家作りと同じく緻密な作業工程、設備部品、細かなパーツを駆使するため、トータル見積書だけではあまりにも不親切です。

 

後日プロの業者に算出してもらった所、とんでもない上乗せが発覚する事があります。

3【入金したが納車されない】

契約書を交わせば大丈夫でしょ?証拠があるから詐欺罪で取り返せる、訴えられる!

多くの方がそう思ってらっしゃいますが、現実は違います。

契約書を交わしても、証拠があっても、債務不履行と判断された場合、買い手は何も取り返す事は出来ません。

警察、弁護士にお聞きすれば分かる事ですが、詐欺罪で訴える事は予想以上にハードルが高いのです。

 

 

​『最後に』

実態がはっきりし、実際にお会いして綿密な打ち合わせ、しっかりとした情報開示が出来る会社様での制作を強くおすすめします。

 

他社での制作検討でも構いません!

色々な会社様を回られた後、一番最後で構いませんので弊社でご相談出来る事がございましたらお気軽にお電話下さい。